イオンモバイルの契約はWebと店舗どちらがお得?メリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「イオンモバイルの契約はWebと店舗どちらがお得なの?」このようにお考えではないでしょうか?

イオンモバイルなどの格安SIMでは、Web経由で契約するとお得なキャンペーンが適用される場合が多いのですが、イオンモバイルでは契約方法によって料金が変わることはありません。しかし、Webと店舗では、それぞれメリット・デメリットが異なりますので、自分に合う方法で契約をすることが大切です。

本記事では、イオンモバイルの契約をWebでする場合と店舗でする場合の違いについてご紹介していきます。


イオンモバイルをWeb契約するメリット・デメリット

まずは、イオンモバイルをWebで契約する場合のメリットとデメリットについて確認していきましょう。

イオンモバイルをWeb契約するメリット

イオンモバイルの契約をWebで行うメリットには下記のものがあります。

  • 端末セット購入の場合は全ての取扱い端末から選べる
  • 24時間いつでも好きな時に注文することができる
  • 担当者からの説明などがないためスムーズに申し込める

端末セット購入の場合は全ての取扱い端末から選べる

Web契約では、イオンモバイルで取扱のある端末のうち、イオンモバイル全体で在庫があるものについては、全て選ぶことができます。そのため、利用端末に対してもこだわりがある方は、店舗ではなくWeb契約の方がおすすめです。

24時間いつでも好きな時に注文することができる

イオンモバイルの店舗契約は店舗の営業時間中に訪れ、待ち時間が発生するのに対し、Web契約ではいつでも自分の好きな時に注文することができます。

即日入手することはできませんが、少なくとも1週間以内にはお手元に端末とSIMカードが届きます。

担当者からの説明などがないためスムーズに申し込める

イオンモバイルのWeb契約においては、担当者からの必要のない説明やオプションのおすすめなどがないため、契約もスムーズに行うことができます。契約する端末やプランを既に決定しているのであれば、5分もあれば契約申し込みを完了することができるでしょう。

イオンモバイルをWeb契約するデメリット

反対に、イオンモバイルでWeb契約をすることのデメリットには下記のものがあります。

  • 即日利用開始することができない
  • イオンスクエアへの会員登録が必須

即日利用開始することができない

イオンモバイルのWeb契約では、申し込みをしてからの配送となりますので、SIMカードのみの申し込みであっても、審査に1日、配送から到着までに1日、合計2日はかかると考えておくと良いでしょう。

イオンスクエアへの会員登録が必須

また、イオンモバイルのWeb契約をするためには、イオンスクエアと呼ばれるイオンのネット会員に加入することが必要になります。セールなどでお知らせが届く以外に特に害はありませんが、会員登録に対して抵抗感がある人にとってはデメリットになります。

イオンモバイルを店舗契約するメリット・デメリット

ここからは、イオンモバイルの店舗契約を選ぶメリット・デメリットをご紹介していきます。

イオンモバイルを店舗契約するメリット

イオンモバイルでWeb契約ではなく、店舗契約を選ぶメリットには下記のものがあります。

  • 格安SIMやイオンモバイルについての不明点を質問できる
  • 即日受渡店舗であれば当日中にイオンモバイルの利用が開始できる

格安SIMやイオンモバイルについての不明点を質問できる

イオンモバイルの店舗契約では、契約の前に担当者に対して、格安SIMやイオンモバイルに対する疑問点を相談することができますので、分からない点を無くした状態で利用を開始することができます。

そのため、格安SIMやイオンモバイルの利用について質問したいことがある人は、イオンモバイルの店舗で契約をしてみるのが良いでしょう。

即日受渡店舗であれば当日中にイオンモバイルの利用が開始できる

イオンモバイルの店舗には、即日受渡店が存在します。即日受渡店舗では、イオンモバイルの契約をしてその日のうちに端末とSIMカードを入手することができるため、即日利用を開始することができます。

1日でも早くイオンモバイルの利用をしたいという方は、Web契約ではなく店舗契約を選ぶと良いでしょう。

イオンモバイルを店舗契約するデメリット

また、イオンモバイルで店舗契約を選ぶデメリットには下記のものがあります。

  • 店舗によって取り扱いのある端末が異なる
  • 店舗の営業時間中に訪問しなくてはならない
  • 待ち時間が長時間に渡る可能性がある
  • 不要なオプションをおすすめされることがある
  • 店舗によっては配送お渡しの店舗である場合がある

店舗によって取り扱いのある端末が異なる

イオンモバイルの店舗契約の場合、端末セットで購入を考えている場合には、店舗で在庫を抱えているものしか即日受け渡しの契約をすることはできません。他の店舗にしかないものについては、取り寄せとなりますので、Web契約とお届けまでの日数は変わらないことになります。

利用する端末が決まっている場合には、事前に店舗に電話をして在庫を確認しておいたほうが良いでしょう。

店舗の営業時間中に訪問しなくてはならない

イオンモバイルの店舗契約は、当然のことながら店舗の営業時間中に訪問することが必要となります。平日の仕事終わりの時間帯には店舗の営業時間が終了していたりする場合がありますので、土日のスケジュールを潰してイオンモバイルの契約をしなくてはいけない場合があります。

待ち時間が長時間に渡る可能性がある

イオンモバイルの店舗契約では、平日夜や土日の昼間などは、契約希望者が多く訪問していますので、待ち時間が長時間になる可能性があります。そのため、時間をかけずに契約をしたいという場合には、イオンモバイルの店舗契約をすると良いでしょう。

不要なオプションをおすすめされることがある

イオンモバイルの店舗契約では、契約前に担当者に相談や質問をすることができる一方で、その時に本来不要であるはずのオプション契約を進められ、契約してしまう場合があります。格安SIMはキャリアよりも低価格な料金で利用できることがメリットですので、そのメリットを潰してしまう行動は控えることが望ましいです。

店舗によっては配送お渡しの店舗である場合がある

また、全ての店舗が即日受渡に対応している訳ではありません。店舗によっては、配送お渡しのみの対応となっている店舗がありますので、必ずしもイオンモバイルの店舗契約をしたからといって、即日端末をもらえると思わないようにしましょう。

イオンモバイルを契約する時に必要なもの

イオンモバイルの契約をする前には、下記のものが必要となります。特に店舗契約の際には、その時に準備ができていないと、何度も店舗に訪れる手間が発生してしまいますので気をつけましょう。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号

クレジットカード

イオンモバイルの支払いはクレジットカードのみとなります。利用可能なブランドは下記の通りです。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB

なお、イオンカードであれば端末料金が24回払いまで分割手数料が無料となります。

本人確認書類

イオンモバイルの契約で利用できる本人確認書類は下記の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 健康保険証+補助書類

Web申込の場合は画像をアップロードする必要がありますので、表面・裏面ともに撮影しておきましょう。

MNP予約番号

他社から乗り換えで電話番号を引き継いで利用する場合には、事前にMNP予約番号を入手しておく必要があります。キャリアによって取得方法は異なりますが、電話などですぐに手続きできます。

MNP予約番号はイオンモバイルの申し込み時に必要となり、端末での開通手続きが完了した段階で、前の契約も自動的に終了となります。

イオンモバイルの契約まとめ

本記事では、イオンモバイルのWeb契約と店舗契約について、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介してきました。店舗で質問や相談をしたいことがある人を除けば、基本的にはWeb契約での申し込みをおすすめします。

なお、契約時には必要となる書類などがありますので、契約手続きを開始する前に準備しておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加